2011年12月20日

アルカリウォッシュの使い道

アルカリウォッシュ のレビューまとめてみました。


●シャツの襟袖汚れや血液汚れ、住居の取ってやスイッチパネル壁紙の汚れもスプレーするとすごくよく落ちます。
汚れの首輪やかんたんな油汚れに水で薄めてシュッとスプレーし
洗濯機にポンと放り込み、あとは洗剤を入れて…といった順序で使用しています。



●布ナプキンのつけおき用。
本当に半日つけておくだけでキレイに落ちます。
ひどい汚れはつけ置きに時間をかけるときれいになります。
血液汚れは、夜つけ置きして、朝洗濯というふうに。
地球にやさしいし、かなり重宝しています。



●普段の軽い汚れの洗濯物は、最初は大丈夫かな?と思って使ったのですが、
洗い上がりがさっぱりしてすっきり感がちゃんとありました。

冬の冷たい水にもさっと溶けるので良かったです。

●肌の弱い方向けの毎日のお洗濯に使っています。


●部屋干した時の嫌なにおいは出にくくなった気がします。







△手あれしやすいのでゴム手袋は必須です。




●レンジ周りの汚れを水にといてスプレーボトルにいれてふきかけるとみるみる落ちます。
こすらなくても面白いくらい落ちるのでマメに掃除をするようになりました。

●年末の大掃除用に購入しました。


●商品説明によると重曹よりもアルカリ性が強いので油汚れに威力を発揮、
かつ無機物なので環境にも負担の少ない成分とのことです。


●シンプルな暮らしに。 重曹と炭酸塩の中間物質セキス炭酸ソーダのおかげだそうです。


●これ一袋で500mlボトルの洗浄液が200本も作れます。


●スプレーボトル使用してアロマオイルを数滴たらして床をふく時にも。



重曹やクエン酸を使ったエコ掃除、エコ洗濯を実践しているのですが、
もっとパワフルなものがあると聞いてコレにたどり着きました。

Amazonで買ったのですが、とても楽しみです。




アルカリウォッシュ 1kg / 地の塩社



500グラムとか50グラムの小さいサイズがあるそうなので、慎重派はそちらをチェック。





フロッシュ スプレーボトル 容量180ml / オフィスオクト





posted by Bravo! at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。