2011年08月31日

西洋薬にない効果があるんだね。漢方。




西洋医学と
東洋医学のよいところを
ミックスして考えてくれるお医者様が
もっと増えることを期待しています。


というのも、どうもどちらも肩肘張ってる感じがするのです。

どちらも相手の学問を認めていないというか。。。。。

診療ガイドラインとは、臨床医と患者が適切な医療について決断を下せるように支援する目的で、診療の根拠や手順についての情報を専門家の手で分かりやすくまとめた指針のこと。

 日本東洋医学会によると、日本国内で発行された診療ガイドライン528件のうち、漢方に関する記載があるものは51件あるが、引用論文が存在するなどエビデンスに基づいているものは8件だった。

通年性アレルギー性鼻炎では「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」、気管支ぜんそくでは「麦門冬湯(ばくもんどうとう)」が、それぞれ評価で最も高いA(行うことを強く推奨)がつけられている。



もっと研究をすすめてほしいです。


ラベル:漢方
posted by Bravo! at 22:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 片頭痛とダイエットと更年期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。