2011年05月31日

【はなまるカフェ】向井理編

はなまるカフェ
2011.5.31
向井理ゲスト

注目されいる方も多いと思います。
レポします。


TVTVTVTV
おはようございます。
向井理です。
海外生活の話しをします。


TV


おはようございます。
よろしくお願いします。

---早速最近の向井さんのご活躍ほんの一部なんですけれどもご紹介させていただきます。




写真.JPG





---ゲゲゲの女房
去年一年間はずっとその生活でしたね。

---このドラマによってファン層はぐっと広がったんじゃないんですか?
今まで僕を知らなかったような年上の方とかも番組を見て知っていただけたのでぐっと変わりましたね



---そして橋田壽賀子賞
はい。いただきました。
でもたまたまなんで。
作品が良かったですし、台本も良くて、共演者、スタッフも良くてたまたま僕が参加させてもらっていただけのこと。
あまり自分で取った賞というよりは、作品みんなでお客さんも一緒になっていただいた賞だと思うのでそんなに自分でもらった感じはしなかったですけど。




---そして、間もなく映画『パラダイス・キス』公開になりますね。後ほどたっぷりお話うかがいます。





たこ焼きネギ醤油
祐天寺
たこ焼きbar Ganstyle

もともと両親が関西なので
家にタコ焼き機がありますし、しょっちゅう食べていたんですけれど、
僕が飲食店をやっている時代の先輩がやっているお店で
食べながら焼酎が飲めるという。
お酒に合うので。

ここはテイクアウトはやっていないんですけど、目黒通りにたこ焼き屋さんがあって。
そこの系列なんです。

いろんなバージョンがありますね。

家のおやつですね。
父親が和歌山出身なので、母親は神戸の方なんですけど
関西以外で食べるなと言われました。こだわりがある。

このまえ、映画のキャンペーンで大阪に行った時にスタッフの人に買ってきていただいて。
ちゃんと父親との約束を守って、関西でたこ焼きを食べました。


---ご家族には会っていますか?



家族には最近は会っていないですね。連絡だけはとるんですけど。
あんまり家に帰る時間もないので。

メールで母親とかは番組とか観た感想とかを。

すっごい短文なんですけど
TBSで夢の扉+でナレーターを務めさせていただいているんですけど
それが三週間に一回、中井貴一さんと坂口さんと


オンエアを見て

いい声だな。
だけ。とか。
すごい短文で入ってきたりとか。


写真 1.JPG







第二の故郷カンボジア
これはカンボジアなんですけど。
去年カンボジアで映画を撮っていたり
去年ウルルン滞在記の再会編で4年ぶりに行って
そこの時の家族ですね。

あっちでホームステイを一週間して畑を耕し
もともと地雷源だったので4年前行った時は地雷とったり、
そういう生活をしてました。

---え、地雷を。

僕は直接地雷をとることはできないですけど、お父さんが地雷除去の仕事をしていたので一緒に
後をついてまわったりとか。

危険ですね。

2007年に地雷ミュージアムというところで実際の地雷を見せていただいた。


写真.JPG







世界ウルルン滞在記 向井理 カンボジア編 2007 &2011 ディレクターズカット版【DVD】 / 向井理 (出演)







そこで会った人が最近畑を買ったんで
「耕させていただいていいですか」
と交渉して実際行くことにしました。

当時は一日2〜3発は。
これは撤去して爆破処理
畑に行く道を、一列で歩く。
危ないので。

体当たりで、仕込みも何にもないので大変です。
ひひひどいんです。

行きますかってカンボジアで聞かれたんです。

畑を耕してマンゴーの苗をを植えて
平和(看板)
平らで和む。


マンゴー大きくなってましたよ。
本当は3年くらいで実がなるらしいんですけど、
4年目で。
4年経ってやっと実をつけはじめた
感動しました。


道を歩いていたらたまたまお父さんが。

ディレクターさんたちもロケハンしなかったので
生きているかどうかわからない(そういう状況だったので)自分でまず歩いて探して、
たまたまいたので。

仕事がやっぱ地雷撤去だったので生きているか。

ちゃんと看板も。



4年前、行った時に「もう地雷の仕事は辞める」とお父さんが言っていて
今回4年ぶりに会って
ちょっと恐る恐る聞いたんですけど、
僕が帰った次の日に「辞めた」と。ちゃんと約束を守ってくれて


(お父さんは)今は、畑耕しています。




水が無い地域で乾季って
半年くらい雨が一滴も降らないので、干上がってしまって
生活水も無いので
井戸を掘ろうと思って、
そこで直接カンボジアの井戸掘り業者さんのところへ行って交渉して、
いついつ来てくれ
と言って井戸を掘ってもらって。

1回目でもダメだったんです。1日目6時間くらい掘ってダメで。

二日目水脈ちゃんと探そうって言って
お父さんもちゃんと探して

お父さんがちゃんと探したって適当にここでいいって言って

でもまあホントに出てきて
今でも水はちゃんと出るって聞いてます。



---お金とか大変じゃなかった

お金は制作費が無いからって自腹でやりました。
ウルルンひどいですね(笑)

いや、それくらいだったら全然。

水脈が無い土地だったので水が出るだけで
喜んでいただいて。

その井戸に自分が井戸に名前を付けたのが「源」


---アイデアは向井さんから?
とにかく再会をしようということだったんで
そのあと何にも決まってなかったんですよ。
お父さんが、「今から乾季だから水がな」
とこぼしていたので、

じゃあ井戸を掘ろう

お父さんに内緒で。


---予定に無かったわけですね
予定になかったのではなく、予定が無かったんですよ(笑)

自分で考えなきゃいけなかった。
それは難しかったですね。
---限られた制作費の中でですからね(笑)

本当にいい笑顔で。
感謝されていると思います。






続きます


posted by Bravo! at 12:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ざっくりTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。