2011年05月30日

本当のところどうなの節電

照明 「こまめに消すと余計電気代かかる」
聞いた事があります。このハナシ。

電球自体の寿命が減って行きトータルで考えるとつけておいた方が得な場合もあると。

本当のところはどうなのだろうか。

高いLED電球がどんどんつかなくなるようでは困る。



電力を多く使うものは熱を出す物にも多くある。
ドライヤーとかホットカーペットとか。
ホットプレートもそうだと思う。

そういう物の省エネを積極的にするべきではないか。そう言えば、エアコンはつけたり消したりしない方が温度が安定していいと聞いた事もある。
ドライが電力を多く使ってしまう機種もあるらしい。

取説チェックするのがオーダメイド節電だな。





 

 


ラベル:節電
posted by Bravo! at 20:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。