2011年01月31日

政治と学校の関わり



これは本当のニュースなのだろうかと思った。
先生は不足しているのが現実だ。
杉並区はその打開策として区採用の先生を雇用している。

しかし区長が変わってから、師範館の閉鎖が決定した。
エアコンが各学級につくことにもなった。
杉並独自の少人数学級という方針もどんどん拡大される模様。

政治と学校はとても関わりが深いことに気づかされる今日この頃である。

あまりにもころころ変わることに不安を覚えている。


posted by Bravo! at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。