2011年01月29日

マイコプラズマ

症状
dry coughと呼ばれる喀痰を伴わない咳をする事が多い。
発熱は38.5℃を越えることもある。
頭痛、咽頭痛、刺激性の咳(乾性の咳)倦怠感などのいわゆる感冒様症状を呈する。
消化管へのウイルス感染によって嘔吐、下痢、腹痛などの症状を来たす事もある。
最近では、大人が感染して重症化するケースが急増している。
また、症状が呼吸器を中心としたものから消化器症状を併発、もしくは消化器症状を中心としたものへと移り変わってきている傾向がある。


ぜんぶビンゴである。
頭痛、だるさ、吐き気、腹痛。
かといって、インフルエンザほどひどくはない。

「ジスロマックR」
というお薬をもらった。
割と新しい抗生物質らしく、一日に一回飲めばいいらしい。
パッケージが変わっている。





posted by Bravo! at 09:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。