2011年01月18日

【江】感想。

井上二郎アナのナレーションから始まった
今年の大河ドラマ【江】

井上アナといえば
あさイチ中に入る9時のニュースを担当している、
低音ボイスのアナさんなのだ。
局の方針もあると思うが、
番組の雰囲気がどんなに楽しくても
いつも淡々と登場する。



感想を書いてみよう。



まず水をテーマにしているオープニング
華やかですね。龍馬の黒×金の世界から一転しました。
三姉妹を描くのですから、当然ですね。

ところで、お江与様ですよね。
このドラマではゴウで統一なのでしょうか。


上野樹里ちゃんは、水上あさみちゃんとは仲良さそう。
年末のトーク番組でそう思いました。


鈴木保奈美さん
お久しぶりですね。綺麗なんですが、
首の辺りに年齢を感じました。


田渕久美子さんの指示でしょうか。秀吉も家康も信長
私の勝手なイメージにぴったりのキャスティングでした。
ここが一番びっくりしました。

寧々さま=しのぶさま
はなぜだかわからないです。

だけど、本当に大体のキャスティングいい感じなのです。
足利義昭は和泉元彌とか。似合ってる。



第一話はお市の嫁入りの話から始まるのですが、揺れる女心とでもいいましょうか。

もしも時任三郎が江口洋介だったら…とちょっと想像してしまった。
愛という名のもとに DVD-BOX / 鈴木保奈美, 唐沢寿明, 江口洋介, 洞口依子, 石橋保 (出演); 野島伸司 (脚本)」の世界になっちゃいますかねえ。




琵琶湖はCGでしょうか?
どこかの海でしょうか?


全員が若作りするものだから、何となく違和感を感じるけれど、大河ドラマの第一話って大体こんな感じかな。



後半、大事なシーンで芦田愛菜ちゃん登場


愛菜学(まなまな) 芦田愛菜ちゃんに学ぶ「なんで?」の魔法 [単行本(ソフトカバー)] / 芦田愛菜と愛菜プロジェクト (編集); 講談社 (刊)





人気にあやかったな。NHK。

お母さんとか
ママーとか
母上ーと言って

泣く芝居をさせたら今日本一だろうね。


Mother [DVD] / 松雪泰子, 山本耕史, 酒井若菜, 倉科カナ, 芦田愛菜 (出演)


第二話ではもう三姉妹は大きくなっているので、今後の出演はないかもしれませんね。
わかんないけど。


posted by Bravo! at 13:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ざっくりTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。