2010年10月02日

高島アナ、めざましテレビ卒業

高島アナ、めざましテレビ卒業

7年半もの間、大塚さんの隣を勤めたそうだ。
その時間の長さゆえなのか、今週は特集も組まれていた。

すごく特別のような感じで徐々に最終回に近づいていく演出はよかった。

ワタシにとってめざましと言えば、占い。
特に6:58の占いはなぜか必ず見てしまう。
このコーナーの原稿の読み方は八木さんの頃から変わらないスタイルがあ
るからだろうか。

心なしか最後の占いは、涙声だったように思えた。


そして大塚さんも目を潤ませる場面が多かったように思う。
今度は結婚式のスピーチで
という最後の一言はよかった。
視聴者が知りたい事を上手に表現してくれた。

そこに高島アナもきちんと答えた。

連携プレーのようなこの掛け合いは年月を感じさせるものであった。

という訳でやっぱり結婚は近そうだ。

そして最後の最後の一言も。
見事に時間内におさめた。
生放送に強い。
ひねりのある一言はさすがだった。

涙を拭う事もなかった。
決めていたのだろうか。
強さをとても感じた。
全員に話を振る優しさも見せた。


そして高島アナが作ったというガラス細工をセットの上の方に飾るという
事が決まった。
地震などで落ちたりしないのだろうか。
誤って割る事はないのだろうか。
多少心配だ。


そして続いて特ダネに入る。
中野アナはやっぱり泣いていた。
ちょっと引くぐらいの号泣である。
もっとしゃべりたそうな中野アナに対し
小倉さんは
はいティッシュ
という一見優しそうな言葉で区切りをつけた。
そしてエンタメのドウデモヨサソウナ話を始めたのでしらけた。


posted by Bravo! at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ざっくりTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。