2010年08月26日

読書について。オエライヒトにモノ申す。




固い!!!
こんなことをこーーーんな大きなホールを借りてやっていること自体ナンセンス。

今の時代に合うようにもっと考えてはいかが?

こういうこといわれると余計に本を読みたくなくなります。


ハードが変わってきているのだから、中身も対応するようにお願いします。
コドモに読ませたいのなら尚のこと、選択肢がほしいです。

電車の本でも、漫画でもいいと思うのですが。
ギャグが入っていて何がいけないの?
笑わせるような楽しい本はどうしていけないの?

そこを足がかりにして本の世界にゆっくり入っていくのでいいのでは?
小学生は忙しいのです。
求められていることも多いのです。
誘惑も多いのです。
その辺理解してもらっています???

お話の本を読まないからダメな子?
感想文を書かないからいけない子?
表紙で本を選んだっていいんじゃないの?
ニッポンの未来の為に、そういうオエライ方と出版社が協力して、
良書とされるものに、もっと魅力的な表紙つけるとかさー。



そう言いながら、せっせと図書館通いしております。





それよりも大人もちゃんとしなきゃって思うのですが。
例えばサラリーマンがこぞって、マンガ買って読んでいる姿をみるほうが違和感があるけれど。





ってワタシにいわれたくないよね。





ラベル:読書 活字離れ
posted by Bravo! at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。