2010年04月02日

歌うコンシェルジュ秦万里子さん。よかった〜

楽しみにしていた番組が始まった。『歌うコンシェルジュ』
若干セットがクインテッドと被る。
アキラさんが脳裏をよぎりながら始まった。


まず、私は黒のタートル(っぽいのを)秦万里子さんが着ておられるのがexclamationだった。

だって、黒のタートルの歌、歌ってらっしゃるじゃない。
(あれ聞いてから妙に意識するようになっているワタシ)



でもそれはみごとな伏線だったのですねexclamation×2



半径5メートル物語―主婦達への応援歌

半径5メートル物語―主婦達への応援歌

  • 作者: 秦 万里子
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2009/09
  • メディア: 単行本



秦万里子さんが「あ〜ら たいへん」と歌指導のときに声かけしているのがとっても印象的でした。
そんな風に言ってもらえるといいよね。
モノの言い方一つなんだけど、そういうところが素敵かも。

あと、『主婦のうた』の中で取材されていた方のおうちが
庶民的というか、いい感じで親近感。
プラチナゲルマローラーがリビングの机の上の小物入れにささっていたのがツボでした。(うちにもアルアル)
武内陶子アナ似の綺麗な方でしたね。
泣いたときはしわしわで。リアルな年齢が表現されていて(失礼)芸能人の皺とって変にピンとした顔よりも美しく思いました。

魚津の話にうつって、次の方の絵本の「もったいないばあさん」も気になった。
何かのメッセージかと深読みしてしまった。

それから、富山の女性は忍耐強いから(ワタシの義母がそうなの)
アルアル……って思いながら見ていました。

まりなさんとまりほさんのことはサラッと流されたけれど今後登場されるのかな。
(個人的にはもうちょっと
娘さんのお話を聞けるかなと思っていたので次に期待)




盛りだくさんで、明日からの放送はつながっていくのかな。
なんていらぬ心配をしています。

この番組はやっぱり秦万里子さんひとりじゃなくて
もう一人アナウンサーとかけあいのほうが面白かったかも。
もともとしゃべりのプロじゃないから情報を正確に伝えるのは正直しんどいかなって。
もう一人いて、話す分量が減ったときに
秦万里子さんらしいナチュラルなトーンに戻って
より元気がいただけるような気がします。


雨が降ってきたときの歌
はオットにもきかせてあげたいです。
明日も期待。



posted by Bravo! at 03:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ざっくりTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。