2010年03月20日

香山リカさんググッてみた

wikipedeiaから引用
香山リカ ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E5%B1%B1%E3%83%AA%E3%82%AB_(%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E7%A7%91%E5%8C%BB)
人物
北海道札幌市生まれ、小樽市出身。父は北海道大学出身の医師。

地元の中学校を卒業してから単身上京し、女子学生専用の賄いつき下宿から東京学芸大学附属高等学校に通学。
1978年、高校3年生のとき親に買ってもらった三軒茶屋のマンションで独り暮らしを始める。
東京大学理科III類受験に失敗して東京医科大学医学部へ進学、北海道大学医学部付属病院で研修を受ける。

大学卒業後、小樽市立小樽第二病院への勤務、神戸芸術工科大学助教授、帝塚山学院大学教授を経て、現在は立教大学教授を務めている。

肩書きに「精神科医」を用いているが、香山リカ名義で医師としての活動は行っていない。
占い師、立教大学教授としてはペンネームの香山リカ名義を用いている。

評論家・文筆家でもあり、エッセイなど数多くの著書を執筆。大学在学中より文筆活動を始め、雑誌等に寄稿した。筆名はその際の編集者山崎春美が使ったもの。


なんだかすごく驚くことばかりなんですけど。
挫折と番組中におっしゃったのは、東大に落ちたということだったんですね。
しかもお金持ち。
なるほど〜〜。

本もいっぱいお書きになっている。
読みたい本をタイトルだけでランキングしてみた。

著書単著、読みたい順ランキング(by BRAVO!)

1位『しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール』(幻冬舎新書 2009年)
2位『本当にやりたいこと!を見つける33の方法』(2001年、青春出版社)
3位『イヌネコにしか心を開けない人たち』(幻冬舎新書、2008年)
4位『〈雅子さま〉はあなたと一緒に泣いている』(筑摩書房、2005年)
5位『インターネット・マザー』(1999年、マガジンハウス)
6位『香山リカのゲーム気分で診てみれば』(1996年、アスキー)


昨日の番組内で紹介された本を1位と3位に入れてみました。
雅子さまをタイトルにした本もあって、興味がわきます。


昨日お話の仕方が気になった。
早口で、ちょっと若者言葉っぽいのだ。
でもそれが嫌ではない
なんだかちょっと安心するというかなんというか。
完璧な人間のように見えて、そうじゃないんだよ。というメッセージなのか。
演じてる?
プロレスが好きと言っていた。
あと、ペットが何匹も。

岩槻里子アナが主婦目線でとっても共感してコメントを出していた。
そこが面白かった。とてもよかった。
代わりに言ってくれた気がした。
だから余計に香山さんのことが気になってきたのかな。

ペットの写真の背景に映ったお宅の様子。
ふーむ。
安心できます。
そんなにね、きっちりしてないの。

心が軽くなった番組でした。







posted by Bravo! at 07:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。