2010年03月04日

小林聡美さま

小林聡美さん
大好き。

最近、彼女の著書を読んだのですがすっごい面白いです。

マダム小林の優雅な生活(1998年)
は、まずたまげた。
私が書いたのかと思うほどの記述があり、電車の中で不覚にも笑ってしまった。
後でオットに注意をうけた。
一応書いておくが、私はお笑いにはうるさい。
そこいらの芸人さんレベルでは声に出して笑うことはないのだ。
小林聡美さまが実の姉のような気さえしてきます。
考え方が似てるの。

三谷さんもちょっと気になってきたたし。



東京100発ガール(1995年)
こちらは、ラジオ番組を文字におこしたもの。
ラジオで聴きたかったです。

案じるより団子汁(1996年)
今、図書館で借りて読んでいます。
だけど、「マダム〜」のほうが笑える。



そのほかの著書
サボテンのおなら(1994年)
ほげらばり(1994年)
凛々乙女(1995年)
マダムだもの(2002年)
キウィおこぼれ留学記(2002年) 
ワタシは最高にツイている(2007年)
アロハ魂(2009年)



ということで、春先に気分が沈んだ時とか。
どうしても笑いたいときとか。
笑いによって、免疫力をアップさせたいときとか。
にオススメ。

ほんとか。


ラベル:おすすめ本
posted by Bravo! at 20:26| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。