2011年09月18日

『それでも、生きてゆく』最終回感想

『それでも、生きてゆく』(それでも、いきてゆく)は、2011年7月7日から9月15日まで、フジテレビ系列で、放映されたテレビドラマ。

完全オリジナルストーリーで脚本の坂元裕二による書き下ろし作品。主演は瑛太。



見てましたか?
それでも、生きてゆく
ストーリーもすごいのですが、演技がすごいのです。


出演者 瑛太
満島ひかり
風間俊介
田中圭
段田安則
小野武彦
柄本明
風吹ジュン
時任三郎
大竹しのぶ ほか
ほぼ全員すごかった。大竹しのぶさんなんか本当に本当に突き抜けちゃっている感じがして、さすがでした。


それで見始めたドラマだったのですが、この間の木曜日、最終回でした。

これって何が違うんだろう。
他のドラマと。


ワタシが注目したのは音楽。
辻井伸行さんが番組の音楽を手掛けているのですが、これが良かった。
中でも、最終回に深見と双葉がデートする時に流れた曲。
確か辻井さんが作曲したあれ。
調べてみました。
ロックフェラーの天使の羽

あの曲がよかったです。
なんだか切なかったです。

今までもオリジナル曲が使われていたのかもしれませんが、番組HPには出ていませんでした。
クラシックが多かったのかな?

debut / 辻井伸行 (CD - 2007)


辻井伸行/それでも、生きてゆく オリジナル・サウンドトラック
あ、こんなCDもあるんだ。









それから、一番気になったのは深見と双葉の会話。
センスがよくて、性格が出ている感じがして。
最後の手紙のやりとりなんかは、じっさい話すよりも手紙の方がすてきな文章が書けることがあるけれど、まさにそういう感じ。

これからの未来が明るくなる感じがして、本当に良かったです。

モテキ<Blu-ray BOX(5枚組)> / 森山未來, 野波麻帆, 満島ひかり, 松本莉緒, 菊地凛子 (出演); 大根仁 (監督)


HYPER GROOVE CLIPS [DVD] / Folder5 (出演)


悪人 スタンダード・エディション [DVD] / 妻夫木 聡, 深津絵里, 岡田将生, 満島ひかり, 樹木希林 (出演); 李 相日 (監督)
いろんな顔をもつ彼女。
すごいです。
Folder5って、いたの?彼女?
でググッてみたら
なんと結婚しているらしい。
ああ、びっくりexclamation×2





概要 ある事件によって悲しみを背負った男女の出会いをきっかけに、それまで時間の止まっていた家族たちが悲劇を乗り越え、明日への希望を見出そうと懸命に生きる姿を描く作品。

主演の瑛太は木曜劇場では『素直になれなくて』以来、1年振りの主演となる。
満島ひかりは本作が連続ドラマの初ヒロイン、
また、ドラマのカギを握る役を演じる風間俊介は民放の現代劇での連続ドラマレギュラー出演は10年ぶりであり、ジャニーズ事務所所属のタレントが木曜劇場に出演するのは『任侠ヘルパー』以来2年ぶりとなる。またスタッフでは、長らくバラエティ番組の制作に携わってきた石井浩二は今作がドラマ制作部へ異動後、初の連続ドラマプロデュース。
辻井伸行は今作で初めてドラマ音楽を手がける。

また、本作は長野県や静岡県などを中心にロケ中心で撮影が行われている。
その他、茨城県や広島県因島などでもロケが行われた。



驚きは少年A役をジャニーズのタレントさんがやったこと。
すごくインパクトがあって、失礼ながら今までみたことが無かったのだけれど、
演技がすごく上手だと思いました。





続きはこちら>>>


posted by Bravo! at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ざっくりTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。