2011年08月17日

高速道路で好きな風景

写真 1.JPG
こういう風景が好きです。


写真 2.JPG

ジュースの缶がうつりこんじゃいましたが、こういう景色は高速道路ならでは。



ともかくカッコイイ写真に仕上げたい! Photoshopで完成させる写真表現のワザ [単行本] / 橘田龍馬 (著); MdN (刊)




仕事に活かす 伝わる写真が撮れる本 [単行本] / 渡辺 慎一 (著); ワークスコーポレーション (刊)




写真の撮り方 きほんBOOK ~かわいい、おしゃれをカメラで撮る。~ [単行本(ソフトカバー)] / かくた みほ (著); 毎日コミュニケーションズ・デジカル (編集); 毎日コミュニケーションズ (刊)






ラベル:写真 高速道路
posted by Bravo! at 14:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガリガリ君が大人気

ガリガリ君の梨味が人気と聞いて、一度食べてみたいと思っているが、そんな風に意気込んでいるときにはなかなか見つけられないものである。

どうも2010年に発売されたのではないかと思われるのだけれど、私はまだ見たことが無い。

どうしても気になるのでwikiで調べてみた。






ガリガリ君出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用


ガリガリ君 販売会社 赤城乳業
種類 氷菓
販売開始年 1981年
日本での製造 あり
完成国 日本
売上 2億4,500万本(2009年)


ガリガリ君(ガリガリくん)は赤城乳業が製造、販売する氷菓。
同社の登録商標(第2604431号ほか)。



概要
1981年に販売開始。
以来、赤城乳業の看板商品となり、日本の氷菓の人気商品の一つとして有名となる。また、味のバリエーションの多さ、販売価格の安さなどから、子供から大人まで高い評価を得ている。

製造方法は「薄いアイスキャンディーの膜(シェル)を作り、その中にかき氷(コア)を入れる」という手法を採用[1]。

中に入れるかき氷は同社において「ガリガリ氷」と呼称され、当初大きな粒であったが、年々技術向上によって小さな粒に変更されたことや、
2002年には「安心・安全」を打ち出して安定剤を天然ペクチンに変更し着色料は合成品の使用を一切止めるなど、その方針に沿った食品添加物を使用したことにより、ソフトな食感に変移している[1]
[2]。

続きはこちら>>>
posted by Bravo! at 05:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。